前へ
次へ

現在も進み続ける視力回復の医療

現在医療はどの局面からも進歩し続けています。
例えば、視力回復の医療です。
現在主に行われているのはレーシックで、1990年にアメリカで認知されて以来現在までたくさんの方が手術を受けられており快適な生活を送られている方がいらっしゃいます。
そんな中また新たな視力回復法も出てきました。
それは夜コンタクトレンズを付けるだけで視力回復するというオルソケラトロジーです。
これは寝ている間コンタクトをしていることで角膜の形が変わり日中は裸眼のまま生活ができるという仕組みです。
また、使用をやめると元の形に戻るのでした後に戻らずリスクが残ったらどうしようという人にも安心して利用してもらうことができます。
更に上の視力回復も出てきています。
先日テレビでも取り上げられたナノドロップ目薬です。
これは点眼するだけでナノ粒子が目に浸透し視力が回復するというもので現在はまだ臨床試験の段階ですが今後ナノドロップ目薬が発売され普及してくれれば人々の暮らしが便利になるに違いありません。

Page Top