前へ
次へ

在宅医療における訪問歯科診療とは

在宅医療では、訪問看護を中心にさまざまな医療スタッフが働いています。
たとえば、訪問歯科診療は、歯科医師が患者の自宅や施設にいって歯科治療や口腔ケアを提供しています。
同行する」歯科衛生士は、歯科診療の補助や口腔ケアを担当です。
また、全身の状態をみて、栄養指導やリハビリも行います。
口の健康を通じて在宅医療を受けている患者の生活を支える仕事です。
この仕事は、患者との距離が近く、深くかかわりあうことができます。
口腔の機能や生活全体をみながら治療する中で、本人の希望をできるだけ引き出し、それを多職種で支えていくことは、やりがいにつながります。
人生の最期まで、自分の口で自分の好きなものを食べることができるようにサポートすることは、訪問歯科でしかできないことです。
口には、食べること、話すことという大切な機能があります。
口がちゃんと機能しているかを正確に評価し、リハビリでは、噛む、飲み込むといった食べる機能の訓練や指導を行います。
また、訪問用の道具もあるので、歯を削る、歯を抜く、型を取ってつめものをするなど、ほとんどの治療が可能です。

Page Top