前へ
次へ

医療機関以外に所属して在宅医療にかかわる

在宅医療を提供しているのは、主に医療機関です。
そこで働いている医師は、自ら訪問診療を行うことになりますし、看護師はそれに同行したり、医師の指示で訪問看護にいったりします。
理学療法士や作業療法士、管理栄養士や薬剤師は、医師の指示を受けて患者の自宅を訪問し、リハビリや栄養指導、薬剤管理指導などを行います。
そのため、在宅医療にかかわる仕事をしたい場合には、必要な資格を取得したうえで、診療所や病院に就職するのが一般的な方法です。
かかわっている職種は多岐にわたるので、自分の興味がある仕事が何か考えてみましょう。
また、医師以外の職種は、医療機関でないところに就職して、医師からの指示を受けて、かかわることも可能です。
たとえば、看護師や理学療法士などは、訪問看護ステーションに所属して訪問看護や訪問リハビリだけを専門に行うことができます。
薬剤師の場合は、薬局に勤務して、通常の薬局の仕事と並行して、訪問薬剤管理指導を行うことが多いです。
管理栄養士は、所属先以外の病院などからの依頼で、訪問栄養食事指導を行うこともあります。
なお、訪問歯科診療は、歯科医師の領域で、歯科衛生士は歯科医師の指示で仕事をします。

Page Top